研究業績

現在 ~ 2010 年


平成28(2016)年度


表彰
第23回日本歯科医学会総会 Best International Poster Award
Montenegro Raudales JL

A-a:学術雑誌に掲載された原著論文(欧文)
(症例報告を含む)
1. Kitamura M, Akamatsu M, Kawanami M, Furuichi Y, Fujii T, Mori M, Kunimatsu K, Shimauchi H, Ogata Y, Yamamoto M, Nakagawa T, Sato S, Ito K, Ogasawara T, Izumi Y, Gomi K, Yamazaki K, Yoshie H, Fukuda M, Noguchi T, Takashiba S, Kurihara H, Nagata T, Hamachi T, Maeda K, Yokota M, Sakagami R, Hara Y, Noguchi K, Furuuchi T, Sasano T, Imai E, Ohmae M, Koizumi H, Watanuki M, Murakami S: Randomized Placebo-Controlled and Controlled Non-Inferiority Phase III Trials Comparing Trafermin, a Recombinant Human Fibroblast Growth Factor 2, and Enamel Matrix Derivative in Periodontal Regeneration in Intrabony Defects. J Bone Miner Res. 2016 31(4):806-14.

2. Morozumi T, Nakagawa T, Nomura Y, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H: Salivary pathogen and serum antibody to assess the progression of chronic periodontitis: a 24-mo prospective multicenter cohort study. J Periodontal Res. 2016 51(6):768-778.

3. Ziauddin SM, Montenegro Raudales JL, Sato K, Yoshioka H, Ozaki Y, Kaneko T, Yoshimura A, Hara:Analysis of the ability of subgingival plaque to stimulate Toll-like receptor (TLR)2 and TLR4. J Periodontol. 2016 87(9):1083-91.

4. Montenegro Raudales JL, Yoshimura A, Sm Z, Kaneko T, Ozaki Y, Ukai T, Miyazaki T, Latz E, Hara Y: Dental calculus stimulates interleukin-1β secretion by activating NLRP3 inflammasome in human and mouse phagocytes. PLoS One. 2016 11(9):e0162865.

5. Nakayama Y, Kobayashi R, Matsui S, Matsumura H, Iwai Y, Noda K, Yamazaki M, Kurita-Ochiai T, Yoshimura A, Shinomura T, Ganss B, Ogata Y: Localization and expression pattern of amelotin, odontogenic ameloblast-associated protein and follicular dendritic cell-secreted protein in the junctional epithelium of inflamed gingiva. Odontology. 2016 Nov 2.

6. Noguchi S, Ukai T, Kuramoto A, Yoshinaga Y, Nakamura H, Takamori Y, Yamashita Y, Hara Y: The histopathological comparison on the destruction of the periodontal tissue between normal junctional epithelium and long junctional epithelium. J Periodontal Res. 2017 52(1):74-82.

7. Kakuta E, Nomura Y, Morozumi T, Nakagawa T, Nakamura T, Noguchi K, Yoshimura A, Hara Y, Fujise O, Nishimura F, Kono T, Umeda M, Fukuda M, Noguchi T, Yoshinari N, Fukaya C, Sekino S, Numabe Y, Sugano N, Ito K, Kobayashi H, Izumi Y, Takai H, Ogata Y, Takano S, Minabe M, Makino-Oi A, Saito A, Abe Y, Sato S, Suzuki F, Takahashi K, Sugaya T, Kawanami M, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H: Assessing the progression of chronic periodontitis using subgingival pathogen levels: a 24-month prospective multicenter cohort study. BMC Oral Health. 2017 17(1):46.

8. Takamori Y, Atsuta I, Nakamura H, Sawase T, Koyano K, Hara Y: Histopathological comparison of the onset of peri-implantitis and periodontitis in rats. Clin Oral Implants Res. Clin Oral Implants Res. 2017 28(2):163-170.

著書その他
1. 吉村篤利, 尾崎幸生:Periodontics for Special needs Patients障害者・有病者の歯周治療.(和泉雄一, 長田 豊(監): 第1章 歯周病のリスクファクターと全身疾患との関係, 2)歯周病のリスクファクター, Topic 1 糖尿病患者の歯周治療, 第3章 障害者・有病者におけるリスク検査と診断,デンタルダイヤモンド社、東京、20-23、56-61、2017.1.1

学会発表(国際学会/シンポジウムを含む)
A-b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1. Montenegro Raudales JL, Yoshimura A, SM Z, Kaneko T, Ozaki Y, Ukai T, Miyazaki T, Latz E, Hara Y: Dental calculus triggers NLRP3 inflammasome-dependent IL-1β secretion in mouse macrophages. The 14th Biennial Meeting of the International Endotoxin and Innate Immunity Society. September 2016, Hamburg, Germany..

B:国内の年会,学会
B-b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1. Ziauddin SM, Montenegro Raudales JL, Sato K, Yoshioka H, Ozaki Y, Kaneko T, Yoshimura A, Hara Y: Relationships between the ability of subgingival plaque to stimulate Toll-like receptor 4 and periodontal conditions. 第59回春季日本歯周病学会学術大会. 5月. 鹿児島

2. 金子高士, 吉永泰周, 吉村篤利, 古賀千尋 ,坂上竜資: 歯周病原細菌によるIL-1β発現に対するグリブリドの抑制効果. 第59回春季日本歯周病学会学術大会. 5月. 鹿児島

3. 金子高士, 吉永泰周, 青木将虎, 吉村篤利, 松浦洋志, 津江文武, 古賀千尋, 坂上竜資: グリブリドは歯周病原細菌によるIL-1β活性化を抑制する. 第23回日本歯科医学会総会, 10月,福岡

4. 尾崎幸生, 吉村篤利, 金子高士, 鵜飼孝, 山下恭徳, Montenegro Raudales JL, SM Z, 原宜興: リポ多糖およびペプチドグリカン局所投与マウス歯槽骨面上の破骨細胞形成においてTNF-α が果たす役割. 第59回秋季日本歯周病学会学術大会. 10月. 新潟

5. 泉 聡史, 吉永泰周, 中村弘隆, 高森明子, 高森雄三, 山下恭徳, 小林弘樹, 小山美香, 鵜飼 孝, 原 宜興: ラット歯周組織破壊における免疫複合体形成およびT細胞の関与についての病理組織学的研究 日本歯周病学会2016年度秋季学術大会(第59回) 新潟,10月

6. Montenegro Raudales JL, Yoshimura A, SM Z, Kaneko T, Ozaki Y, Miyazaki T, Ukai T, Latz E, Hara Y: Dental calculus stimulates IL-1β release through the NLRP3 inflammasome in human and mouse phagocytes. 第23回日本歯科医学会総会, 10月,福岡.(最優秀国際ポスター賞受賞)

7. Ziauddin SM, Montenegro Raudales JL, Ozaki Y, Kaneko T, Yoshimura A, Hara Y: Dental calculus activates inflammasome in human oral epithelial cells. 第23回日本歯科医学会総会, 10月, 福岡

8. 鵜飼 孝, 山下恭徳, 原 宜興: 破骨細胞前駆細胞へのRANKL前刺激はTNFαによる吸収能をもった破骨細胞分化に重要である 第23回日本歯科医学会総会, 福岡, 10月, 2016 第23回日本歯科医学会総会 プログラム・抄録集P122

9. 鵜飼 孝, 山下恭徳, 小林弘樹, 小山美香, 原 宜興: エピガロカテキンガレートはTNFαによる破骨細胞形成促進を抑制する、日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回),松本, 10月,{日本歯科保存学会2016年度秋季学術大会(第145回)プログラム及び講演抄録集, p141, 2016}

10. 鵜飼 孝, 山下恭徳, 小林弘樹, 小山美香, 原 宜興: 茶カテキン成分エピガロカテキンガレートはin vitroでのTNFαによる破骨細胞形成促進を抑制する 平成28年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 長崎, 11月,{平成28年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集, P18}

11. 泉 聡史, 中村弘隆, 高森明子, 高森雄三, 山下恭徳, 小林弘樹, 小山美香, 鵜飼 孝, 原 宜興: ラットLPS誘導型歯周炎におけるT細胞の役割に関する病理組織学的研究 平成28年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 長崎, 11月,{平成28年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集, P24}

12. 吉永泰周, 金子高士, 有田陽一, 河原ゆり, 有田晴一, 笠孝成, 吉村篤利, 古賀千尋, 坂上竜資: 糖尿病治療薬グリブリドは菌体破砕物誘導性ラット実験的歯周炎を抑制する. 平成28年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 長崎, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}



講演会・講習会
1. 吉村篤利: 健康テレホンサービス 2016年4月「糖尿病治療中の歯科受診」
2. 鵜飼 孝: 保険医協会長崎県保険医協会主催 第25回日常診療経験交流会シンポジウム「糖尿病と歯周病」平成28年6月18日 メルカつきまち(長崎市)
3. 鵜飼 孝: 長崎大学歯学部同窓会講演会「歯周治療って何するの?-歯周治療の基本を教えます-」平成28年7月16日 長崎大学歯学部(長崎市)
4. 鵜飼 孝: 第5回糖尿病啓発公開講座「スマイルライフ」平成28年11月26日 長崎大学病院(長崎市)(鵜飼)
5. 鵜飼 孝: 長崎県歯科医師会学術講演会 壱岐地区学術研修会「どんな歯であれば抜歯しますか?―歯の保存に向けて歯周-歯内病変を再考する―」平成28年11月19日 壱岐文化ホール(壱岐市)
6. 鵜飼 孝: 松本歯科大学大学院セミナー「LPSによる骨吸収と茶カテキンの抑制効果に関する基礎研究」平成29年1月18日 松本歯科大学(松本市)

第14回歯周病学講演会 研究講演 
Montenegro Raudales JL
『歯石はNLRP3インフラマソームを活性化してヒトおよびマウス食細胞によるIL-1β産生を誘導する』

鵜飼 孝 
『学生にとってスケーリング・ルートプレーニング時にアクセスしにくい歯肉縁下根面の検討』

臨床講演 

小塚 義夫
『歯周病治療におけるコーヌスクローネの適応症とは』

山口 竜亮、市丸 英二 
『重度慢性歯周炎に対して歯周基本治療と歯周組織再生療法で対応した1例』

池田 康男
『軟組織移植術におけるエムドゲインの応用』


平成27(2015)年度


A:原著論文(欧文)
A-a:学術雑誌に掲載された原著論文(症例報告を含む)
1. Yamashita Y, Ukai T, Nakamura H, Yoshinaga Y, Kobayashi H, Takamori Y, Noguchi S, Yoshimura A, Hara Y.
RANKL pretreatment plays an important role in the differentiation of pit-forming osteoclasts induced by TNF-α on murine bone marrow macrophages.
Arch Oral Biol 60(9):1273-82, 2015.PubMed


2. Morozumi T, Nakagawa T, Nomura Y, Sugaya T, Kawanami M, Suzuki F, Takahashi K, Abe Y, Sato S, Makino-Oi A, Saito A, Takano S, Minabe M, Nakayama Y, Ogata Y, Kobayashi H, Izumi Y, Sugano N, Ito K, Sekino S, Numabe Y, Fukaya C, Yoshinari N, Fukuda M, Noguchi T, Kono T, Umeda M, Fujise O, Nishimura F, Yoshimura A, Hara Y, Nakamura T, Noguchi K, Kakuta E, Hanada N, Takashiba S, Yoshie H: Salivary pathogen and serum antibody to assess the progression of chronic periodontitis: a 24-mo prospective multicenter cohort study. J Periodontal Res. doi: 10.1111/jre.12353. [Epub ahead of print] (IF:2.466 )

B-b:学術雑誌に掲載された総説(レビュー)およびアブストラクト
1. 1. 中村弘隆, 鵜飼 孝, 吉永泰周, 白石千秋, 吉永美穂, 吉村篤利, 原 宜興: T細胞は咬合性外傷で起こる骨吸収に関与しない: 日歯保誌 58(1): 35-41, 2015

A:学会発表(国際学会/シンポジウムを含む)
A-b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1. Takamori A, Yoshinaga Y, Ukai T, Nakamura H, Takamori Y, Yamashita Y, Izumi S, Kobayashi H, Shiraishi C, Hara Y:
Topical application of glycyrrhetinic acid into rat gingival sulcus inhibits periodontal destruction induced by lipopolisaccharide. International Academy of Periodontology Meeting, April, Santiago, Chile, 2015
2. H. Lee, A. Yoshimura, J.L. Montenegro R., S.M. Ziauddin, A. Kuramoto, C. Shiraishi, T. Ukai, Y. Hara:
Relationship between a single nucleotide polymorphism in the 3’-untranslated region of TLR4 and periodontal condition. International Academy of Periodontology Meeting, April, Santiago, Chile, 2015.
3. Takamori Y, Takamori A, Yoshinaga Y, Ukai T, Ozaki Y, Shiraishi C, Izumi S, Kobayashi H, Nakamura H, Yoshimura A, Hara Y:
Histopathological Comparison Of Destruction Between Peri-implant And Periodontal Tissue In Rats. 11th APSP meeting, October, Bali, Indonesia, 2015
4. Ukai T, Yamashita Y, Nakamura H, Yoshimura A, Hara Y:
Vascular endothelial cells promotes bone destruction in rat occlusal trauma. 11th APSP meeting, October, Bali, Indonesia, 2015
5. Yoshimura A, Montenegro JL, Ziauddin SM, Nakamura H, Kaneko T, Ozaki1 Y, Hara Y:
Dental calculus induces IL-1β production through the NLRP3 inflammasome. Toll 2015, October, Marbella, Spain, Scientific Program p.52, 2015.

B:国内の年会,学会
B-b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1. 鵜飼 孝, 中村弘隆, 吉永泰周, 藏本明子, 尾崎幸生, 白石千秋, 吉村篤利, 原宜興:
学生によるペリオ模型を用いたスケーリング・ルートプレーニング時の歯肉縁下へのアクセスの評価, 第58回春季日本歯周病学会学術大会, 幕張,5月,{日歯周誌58(春季特別号), p133, 2015}

2. 原 宜興: 
シンポジウム 学会として基礎実習をどう捉えたか-日本歯周病学会の取り組み-,日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会(第142回), 北九州, 6月, {日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会(第142回)プログラム及び講演抄録集, p15, 2015}

3. モンテネグロホルヘルイス, 吉村篤利, ジャウディンエスエム, 中村弘隆, 金子高士, 尾崎幸生, 原宜興:
Resveratrol inhibits NLRP3 inflammasome-derived IL-1β secretion induced by dental calculus in murine macrophages, 第58回春秋日本歯周病学会学術大会, 浜松,9月,{日歯周誌58(秋季特別号), p113, 2015}

4. 北村正博, 川浪雅光, 古市保志, 藤井健男, 國松和司, 島内英俊, 小方頼昌, 山本松尾, 中川種昭, 吉沼直人, 小笠原健文, 和泉雄一, 金指幹元, 山崎和久, 吉江弘正, 福田光男, 高柴正悟, 栗原英見, 永田俊彦, 横田 誠, 坂上竜資, 濱地貴文, 原 宜興, 野口和行,横山 聡, 村上伸也:
FGF-2歯周組織再生試験(プラセボ対照・第III相検証的試験)-有効性評価-.第58回春秋日本歯周病学会学術大会, 浜松,9月,{日歯周誌58(秋季特別号), p118, 2015}

5. 山田 聡, 川浪雅光, 古市保志, 藤井健男, 國松和司, 島内英俊, 小方頼昌, 山本松尾, 中川種昭, 吉沼直人, 小笠原健文, 和泉雄一, 金指幹元, 山崎和久, 吉江弘正, 福田光男, 高柴正悟, 栗原英見, 永田俊彦, 横田 誠, 坂上竜資, 濱地貴文, 原 宜興, 野口和行, 大前政利, 所司慶太, 北村正博, 村上伸也: FGF-2歯周組織再生試験(プラセボ対照・第III相検証的試験)-安全性評価-.第58回春秋日本歯周病学会学術大会, 浜松,9月,{日歯周誌58(秋季特別号), p124, 2015}

6. Nakayama Y, Kobayashi R, Matsui S, Matsumura H, Iwai Y, Noda K, Yamazaki M, Kurita-Ochiai T, Yoshimura A, Shinomura T, Ganss B, Ogata Y:
Regulation of junctional epithelial relative gene in inflammation. JADR, 福岡, 10月, 2015

7. 山下恭德, 鵜飼孝, 中村弘隆, 小林弘樹, 高森雄三, 野口惠司, 吉村篤利, 原 宜興:
マウス骨髄マクロファージにおいてRANKL前刺激はTNF-a刺激による吸収活性を持つ破骨細胞の分化に重要な役割をはたす, 平成27年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}

8. モンテネグロホルヘルイス、吉村篤利、ジャウディンエスエム、中村弘隆, 金子高士, 尾崎幸生, 原宜興:
歯石は NLRP3インフラマソームを活性化してヒトおよびマウス貪食細胞によるIL-1β産生を誘導する, 平成27年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}

9. 髙森雄三, 中村弘隆, 藏本明子, 吉村篤利, 鵜飼 孝, 尾崎幸生, 白石千秋, 山下恭德, 泉 聡史, 小林弘樹, 小山美香, 原 宜興: 
ラット実験的歯周炎モデルを用いた歯周炎とインプラント周囲炎の病理組織学的比較, 日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会(第143回), 東京, 5月, {日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会(第143回)プログラム及び講演抄録集, p208, 2015}

10. 金子高士、吉永泰周、岡田芙美子、青木将虎、吉村篤利、古賀千尋、坂上竜資:
歯周病原細菌によるIL-1β産生におけるグリブリドの抑制効果に関する研究. 第42回福岡歯科大学学会総会・学術大会, 福岡, 12月, 2015



平成26(2014)年度



A:原著論文(欧文)
A-a:学術雑誌に掲載された原著論文(症例報告を含む)
1. Nakatsu S, Yoshinaga Y, Kuramoto A, Nagano F, Ichimura I, Oshino K, Yoshimura A, Yano Y, Hara Y: Occlusal trauma accelerates attachment loss at the onset of experimental periodontitis in rats, J Periodontal Res 49(3): 314-322, 2014. (IF: 2.215) PubMed

2. Yoshinaga Y, Ukai T, Nakatsu S, Kuramoto A, Nagano F, Yoshinaga M, Montenegro JL, Shiraishi C, Hara Y: Green tea extract inhibits the onset of periodontal destruction in rat experimental periodontitis, J Periodontal Res 49(5): 652-659, 2014. (IF: 2.215)

3. Nakamura K, Yoshimura A, Kaneko T, Sato K, Hara Y: ROCK inhibitor Y-27632 maintains the proliferation of confluent human mesenchymal stem cells, J Periodontal Res 49(3): 363-370, 2014. (IF: 2.215)



A-b:学術雑誌に掲載された総説(レビュー)およびアブストラクト

1.Yamashita Y, Ukai T, Takamori Y, Noguchi S, Montenegro Raudales JL, Nakamura H, Ozaki Y, Shiraishi C, Yoshimura A, Hara Y: RANKL priming accelerates osteoclast formation with resorptive activity in TNF-alpha-stimulated murine bone marrow macrophages independent of RANKL, 100th American Academy of Periodontology (AAP), San Francisco, CA, USA {Program Book, p.71, 2014}


B:原著論文(邦文)

B-a:学術雑誌に掲載された原著論文(症例報告を含む)

1. 吉永泰周, 長野史子, 金子高士, 鵜飼 孝, 吉村篤利, 尾崎幸生, 吉永美穂, 白石千秋, 中村弘隆, 藏本明子, 髙森雄三, 野口惠司, 山下恭德, 泉 聡史, 原 宜興, グラム陰性菌またはグラム陽性菌の菌体破砕物が感作ラットの歯周組織に及ぼす影響, 日歯保誌? 57(2), 154-161, 2014

B-b:学術雑誌に掲載された総説(レビュー)およびアブストラクト
1.鵜飼 孝, 炎症性骨吸収メカニズムの解明:, 日歯周誌56(1), 5-11, 2014

2.野口惠司, 吉村篤利, 鵜飼 孝, 白石千秋, 吉永美穂, 吉永泰周, 藏本明子, 高森雄三, 泉 聡史, 原 宜興:LPS感作と歯肉溝滴下による長い上皮性付着破壊に関する実験病理組織学的検討, 日本歯科保存学会2014年度春季学術大会(第140回), 大津, 6月, {日本歯科保存学会2014年度春季学術大会(第140回)プログラム及び講演抄録集, p.34, 2014}

3.山下恭德, 鵜飼 孝, 第35回日本炎症・再生医学会・第1回日本骨免疫会議, 沖縄, 2014, {第35回日本炎症・再生医学会第1回骨免疫会議プログラム予稿集, p.211, 2014}

4.高森雄三,熱田 生,吉永泰周,藏本明子,野口惠司,泉 聡史,山下恭德, 鵜飼 孝,吉村篤利,原 宜興:ラットにおけるインプラント周囲炎と歯周炎発症の病理組織学的比較, 日本歯周病学会2014年度秋季学術大会(第57回) 神戸,10月,{日本歯周病学会2014年度秋季学術大会(第57回)プログラム及び講演抄録集,p120}

5.モンテネグロ・ホルヘ、吉村篤利、エスエム・ジャウディン、金子高士、原 宜興:Dental calculus induces IL-1 production in murine macrophages through the NLRP3 inflammasome, 日本歯周病学会2014年度秋季学術大会(第57回), 神戸、10月、{日本歯周病学会2014年度秋季学術大会(第57回)プログラム及び講演抄録集, p27, 2014}

6.尾崎幸生, 吉村篤利, 金子高士, 鵜飼 孝, 吉永泰周, Jorge Montenegro, Ziauddin SM, 白石千秋, 中村弘隆, 藏本明子, 原 宜興:TLR2およびTLR4リガンド投与マウス歯肉における炎症性および抗炎症性サイトカインの発現, 日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会(第141回), 山形, 10月,{日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会(第141回)プログラム及び講演抄録集, p233, 2014}

7.髙森雄三,吉永泰周,藏本明子,野口惠司,泉 聡史,原 宜興:インプラント周囲炎発症メカニズム研究 -実験的インプラント周囲炎モデルの確立-,平成26年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡市, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}

8.野口惠司, 吉永泰周, 藏本明子, 髙森雄三, 泉 聡史, 原 宜興:長い上皮性付着獲得組織においてリポ多糖感作と歯肉溝内滴下による歯周組織破壊は促進される, 平成26年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡市, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}

9.片桐瑞希,仁田善雄,関本恒夫,俣木志朗,江藤一洋,歯学系OSCE合同委員会:共用試験歯学系OSCEの8年間にわたる基礎的研究, 歯科医学教育学会, 2014


B-c:著書・教科書・プロシーディングス等(分担を含む)

1. 吉村篤利, 原 宜興, ザ・ペリオドントロジー 第2版 第4章 歯周炎および慢性歯周炎における治療法
Ⅳ.メインテナンス 1.メインテナンス 永末書店, 京都, 180-184, 2014.

2. 原 宜興, 吉村篤利, 口腔インプラント学学術用語集 第3版 公益社団法人 日本口腔インプラント学会編 永医歯薬出版株式会社, 東京, 2014.

B-d:学内紀要(各省庁等の研究助成金及び研究委託費による研究成果を含む)

1. 鵜飼 孝, 原 宜興, ポンペだより76・77 医療最前線 歯周治療におけるレーザーの応用 NAGASAKI UNIVERSITY HOSPITAL NEWS, 11, 2014.

A:学会発表(国際学会/シンポジウムを含む)

A-b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)

1. Yamashita Y, Ukai T, Takamori Y, Noguchi S, Montenegro Raudales JL, Nakamura H, Ozaki Y, Shiraishi C, Yoshimura A, Hara Y: RANKL priming accelerates osteoclast formation with resorptive activity in TNF-alpha-stimulated murine bone marrow macrophages independent of RANKL, 100th American Academy of Periodontology (AAP), San Francisco, CA, USA {Program Book, p.71, 2014}

B:国内の年会,学会

B-b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1. 野口惠司, 吉村篤利, 鵜飼 孝, 白石千秋, 吉永美穂, 吉永泰周, 藏本明子, 高森雄三, 泉 聡史, 原 宜興:LPS感作と歯肉溝滴下による長い上皮性付着破壊に関する実験病理組織学的検討, 日本歯科保存学会2014年度春季学術大会(第140回), 大津, 6月, {日本歯科保存学会2014年度春季学術大会(第140回)プログラム及び講演抄録集, p.34, 2014}

2. 山下恭德, 鵜飼 孝, 第35回日本炎症・再生医学会・第1回日本骨免疫会議, 沖縄, 2014, {第35回日本炎症・再生医学会第1回骨免疫会議プログラム予稿集, p.211, 2014}

3. 高森雄三,熱田 生,吉永泰周,藏本明子,野口惠司,泉 聡史,山下恭德, 鵜飼 孝,吉村篤利,原 宜興:ラットにおけるインプラント周囲炎と歯周炎発症の病理組織学的比較, 日本歯周病学会2014年度秋季学術大会(第57回) 神戸,10月,{日本歯周病学会2014年度秋季学術大会(第57回)プログラム及び講演抄録集,p120}

4. モンテネグロ・ホルヘ、吉村篤利、エスエム・ジャウディン、金子高士、原 宜興:Dental calculus induces IL-1 production in murine macrophages through the NLRP3 inflammasome, 日本歯周病学会2014年度秋季学術大会(第57回), 神戸、10月、{日本歯周病学会2014年度秋季学術大会(第57回)プログラム及び講演抄録集, p27, 2014}

5. 尾崎幸生, 吉村篤利, 金子高士, 鵜飼 孝, 吉永泰周, Jorge Montenegro, Ziauddin SM, 白石千秋, 中村弘隆, 藏本明子, 原 宜興:TLR2およびTLR4リガンド投与マウス歯肉における炎症性および抗炎症性サイトカインの発現, 日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会(第141回), 山形, 10月,{日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会(第141回)プログラム及び講演抄録集, p233, 2014}

6. 髙森雄三,吉永泰周,藏本明子,野口惠司,泉 聡史,原 宜興:インプラント周囲炎発症メカニズム研究 -実験的インプラント周囲炎モデルの確立-,平成26年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡市, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}

7. 野口惠司, 吉永泰周, 藏本明子, 髙森雄三, 泉 聡史, 原 宜興:長い上皮性付着獲得組織においてリポ多糖感作と歯肉溝内滴下による歯周組織破壊は促進される, 平成26年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡市, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}

8. 片桐瑞希,仁田善雄,関本恒夫,俣木志朗,江藤一洋,歯学系OSCE合同委員会:共用試験歯学系OSCEの8年間にわたる基礎的研究, 歯科医学教育学会, 2014




平成25(2013)年度


A:原著論文(欧文)



A-a:学術雑誌に掲載された原著論文(症例報告を含む)
注:Impact Factorは( )で括り最後尾へ

1.Nagano F, Kaneko T, Yoshinaga Y, Ukai T, Kuramoto A, Nakatsu S, OshinoK, Ichimura I, Hara Y:
Gram-positive bacteria as an antigen topically applied into gingival sulcus of immunized rat accelerates periodontal destruction, J Periodontal Res 48(4): 420-7, 2013 (IF: 1.990)

2.Sirois CM, Jin T, Miller AL, Bertheloot D, Nakamura H, Horvath GL, Mian A, Jiang J, Schrum J, Bossaller
L, Pelka K, Garbi N, Brewah Y, Tian J, Chang C, Chowdhury PS, Sims GP, Kolbeck R, Coyle AJ, Humbles AA, Xiao TS, Latz E: RAGE is a nucleic acid receptor that promotes inflammatory responses to DNA. J Exp Med 210(11): 2447-2463, 2013 (IF: 13.21)


B:原著論文(邦文)

B-b:学術雑誌に掲載された総説(レビュー)(分担を含む)
1. 吉永泰周, 吉永美穂, 原 宜興: 歯周ポケット形成の初発機序を考える. 日歯周誌 55(3): 256-261, 2013

B-c:著書・教科書・プロシーディングス等(分担を含む)
1. 吉村篤利, 佐藤佳昌, 金子高士, 原宜興
5. TLR4遺伝子多型rs11536889のToll-like receptor 4発現調節への関与
(編集:日本エンドトキシン・自然免疫研究会, 三宅健介, 谷徹, 横地貴志 エンドトキシン・自然免疫研究 16,医学図書出版株式会社,東京, pp. 21-25, 2013


A:国際学会
B- b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1.Nakamura K, Yoshimura A, Kaneko T, Sato K, Shiraishi C, Yoshinaga M, Nakamura H, Hara Y
ROCK inhibitor Y-27632 maintains the proliferation of confluent human mesenchymal stem cells, 10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting (APSP), Nara, Japan {Program Book, p.71, 2013}


B:国内の年会,学会
B-a:招待講演, 特別講演, 受賞講演

1. 原 宜興:あなたの「ペリオ力」は?―歯周病専門医が歯科衛生士さんに求めること―, 平成25年度 日本歯周病学会九州五大学日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡, 11月{平成25年度日本歯周病学会九州五大学日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集, 2013}

2. 鵜飼 孝:学術賞受賞記念講演:炎症性骨吸収メカニズムの解明, 第56回日本歯周病学会春季学術大会, 東京, 5月 {日歯周誌55 (春季特別号), p.75, 2013}


B-b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1. 片桐瑞希,仁田善雄,関本恒夫,俣木志朗,江藤一洋,歯学系OSCE合同委員会:R共用試験歯学系OSCEの7 年 間にわたる基礎的解析, 日本テスト学会 (九州大学), 8月, 2013

2. 吉村篤利:思春期に発症した下顎前歯歯肉退縮に結合組織移植と口腔前庭拡張術で対応した一症例, 第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 前橋, 9月, {日歯周誌 55 (秋季特別号), p.140, 2013}

3. 角田衣理加, 中川種昭, 両角俊哉, 野村義明, 川浪雅光, 高橋慶壮, 佐藤 聡, 斉藤 淳, 三邉正人, 小方頼昌, 和泉雄一, 伊藤公一, 沼部幸博, 吉成伸夫, 野口俊英, 梅田 誠, 西村英紀, 原 宜興, 野口和行, 花田信弘, 高柴正悟, 吉江弘正:唾液中細菌検査および血漿抗体価検査によるSPT期進行の予知判定, 第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 前橋, 9月, {日歯周誌 55 (秋季特別号), p.123, 2013}

4. 野村義明, 中川種昭, 両俊哉, 菅谷 勉, 鈴木史彦, 阿部祐三, 大井麻子, 高野聡美, 中山洋平, 小林宏明, 菅野直之, 関野 愉, 深谷千絵, 吉成伸夫, 福田光男, 河野智生, 藤瀬 修, 吉村篤利, 中村利明, 角田衣理加, 高柴正悟, 吉江弘正:ポケット内細菌検査および血漿抗体価検査によるSPT期進行の予知判定, 第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 前橋, 9月, {日歯周誌 55 (秋季特別号), p.124, 2013}

5. 藏本明子, 鵜飼 孝, 中村弘隆, 吉永泰周, 髙森雄三, 野口惠司, 泉 聡史, 白石千秋, 小野山美穂, 吉村篤利, 原 宜興:18β-グリチルレチン酸はLPS誘導性実験的歯周炎を抑制する, 日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会(第139回), 秋田, 10月,{日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会(第139回)プログラム及び講演抄録集, p153, 2013}

6. 佐藤佳昌, 吉岡英将, 吉村篤利, 金子高士, 原 宜興:歯肉縁下プラークのToll-like receptor (TLR) 2およびTLR4活性化能と歯周組織の状態との関連性について, 日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会(第139回), 秋田, 10月,{日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会(第139回)プログラム及び講演抄録集, p37, 2013}

7. 山下恭德, 鵜飼 孝, 吉村篤利, 金子高士, 白石千秋, 吉永美穂, 吉永泰周, 原 宜興:TNF-α刺激により破骨細胞形成が促進されるRANKL前刺激条件の検討, 日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会(第139回), 秋田, 10月,{日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会(第139回)プログラム及び講演抄録集, p66, 2013}

8. 藏本明子, 吉永泰周, 髙森雄三, 野口惠司, 泉 聡史, 原宜興:18β-グリチルレチン酸はLPS誘導性実験的歯周炎を抑制する, 平成25年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 北九州市, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}

9. 山下 恭德、鵜飼 孝、原 宜興:TNFα刺激により破骨細胞形成が促進されるRANKL前刺激条件の検討, 平成25年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 北九州市, 11月,{日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会プログラム集}



平成24(2012)年度


A:原著論文(欧文)
A-a:学術雑誌に掲載された原著論文(症例報告を含む)
注:Impact Factorは( )で括り最後尾へ
1. Kishimoto T, Kaneko T, Ukai T, Yokoyama M, Ayon Haro R, Yoshinaga Y, Yoshimura A, Hara Y: Peptidoglycan and lipopolysaccharide synergistically enhance bone resorption and osteoclastogenesis. J Periodontal Res, 47(4): 446-54, 2012 (IF: 1.686)

2. Kuramoto A, Yoshinaga Y, Kaneko T, Ukai T, Shiraishi C, Oshino K, Ichimura I, Hara Y: The formation of immune complexes is involved in the acute phase of periodontal destruction in rats. J Periodontal Res, 47(4): 455-462, 2012 (IF: 1.686)

3. Yoshida CA, Komori H, Maruyama Z, Miyazaki T, Kawasaki K, Furuichi T, Fukuyama R, Mori M, Yamana K, Nakamura K, Liu W, Toyosawa S, Moriishi T, Kawaguchi H, Takada K, Komori T: SP7 inhibits osteoblast differentiation at a late stage in mice. PLoS One, 7(3): e32364, 2012 (IF: 4.092)

4. Li X, Zhou L, Takai H, Sasaki Y, Mezawa M, Li Z, Wang Z, Yang L, Wang S, Matsumura H, Kaneko T, Yoshimura A, Ogata Y: Aggregatibacter actinomycetemcomitans lipopolysaccharide regulates bone sialoprotein gene transcription. J Cell Biochem, 113(9): 2822-2834, 2012 (IF: 2.868)

5. Yoshinaga Y, Ukai T, Kaneko T, Nakatsu S, Shiraishi C, Kuramoto A, Oshino K, Ichimura I, Hara Y: Topical application of lipopolysaccharide into gingival sulcus promotes periodontal destruction in rats immunized with lipopolysaccharide. J Periodontal Res, 47(5): 674-680, 2012 (IF: 1.686)

6. Sato K, Yoshimura A, Kaneko T, Ukai T, Ozaki Y, Nakamura H, Li X, Matumura H, Hara Y, Ogata Y: A Single Nucleotide Polymorphism in 3'-Untranslated Region Contributes to the Regulation of Toll-Like Receptor 4 Translation. J Biol Chem, 282(30)25163-25172, 2012(IF: 4.773)

7. Kudo C, Naruishi K, Maeda H, Abiko Y, Hino T, Iwata M, Mitsuhashi C, Murakami S, Nagasawa T, Nagata T, Yoneda S, Nomura Y, Noguchi T, Numabe Y, Ogata Y, Sato T, Shimauchi H, Yamazaki K, Yoshimura A, Takashiba S:Assessment of the Plasma/Serum IgG Test to Screen for Periodontitis. J Dent Res, 91(12):1190-1195, 2012 (IF : 3.486)

B:原著論文(邦文)
B-a:学術雑誌に掲載された原著論文(症例報告を含む)
1. 北村正博, 古市保志, 藤井健男, 川浪雅光, 國松和司, 島内英俊, 山田 了, 小方頼昌, 和泉雄一, 伊藤公一, 中川種昭, 新井 髙, 山崎和久, 吉江弘正, 野口俊英, 渋谷俊昭, 高柴正悟, 栗原英見, 永田俊彦, 横田 誠, 前田勝正, 廣瀬卓雄, 坂上竜資, 原 宜興, 野口和行, 小笠原健文, 村上伸也: 歯周炎罹患歯に対するFGF-2投与の長期的効果および安全性の検討. 日歯周誌 54(1): 38-45, 2012

2. 吉永美穂, 鵜飼 孝, 吉永泰周, 白石千秋, 金子高士, 岸本隆明, 佐藤佳昌, 吉村篤利, 原 宜興: テーパード毛歯ブラシの臨床効果に関する研究.日歯保存誌55(2): 158-164, 2012


B-c:著書・教科書・プロシーディングス等(分担を含む)
1. 吉村篤利:歯周病と全身の健康との深い関係(1)健康一口メモ(25)テレフォンサービス原稿集68, 2012

2. 吉村篤利:歯周病と全身の健康との深い関係(2)健康一口メモ(25)テレフォンサービス原稿集69, 2012

3. 吉村篤利, 原 宜興:周組織再生療法 ポンペだより. Vol. 51(4): 7, 2012

4. 吉村篤利:糖尿病の合併症 <5>糖尿病と歯周病 糖尿病教室テキスト(改訂第5版), 52-53, 2012

5. 金子高士, 原 宜興:明日にも使える臨床のツボ, 根面被覆. 長崎大学歯学部同窓会会報 23: 30-32, 2012


A:国際学会
A- b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1. Yoshinaga Y, Ukai T, Kuramoto A, Nakamura H, Yoshinaga M, Takamori Y, Noguchi S, Yamashita Y, Hara Y: Green tea catechin suppresses the LPS-induced periodontal pocket formation and alveolar bone resorption, 7th Conference of the European Federation of Periodontology, Wien, Austria, 2012 {Program Book p.102, 2012}

2. Yokoyama M, Ukai T, Kaneko T, Kishimoto T, Sato K, Shiraishi C, Ozaki Y, Yoshimura A, Hara Y: T cells from mice immunized with peptidoglycan accelerates lipopolysaccharide-induced osteoclastogenesis, 7th Conference of the European Federation of Periodontology, Wien, Austria,2012 {Program Book p.78,2012}

3. Nagano F, Yoshinaga Y, Kaneko T, Kuramoto A , Nakatsu S , Kishimoto T, Takamori Y, Noguchi S, Hara Y: Topical application of sonicated and heat-treated Staphylococcus aureus or Aggregatibacter actinomycetemcomitans into rat gingival sulcus induces periodontal tissue destruction after immunization, 7th Conference of the European Federation of Periodontology, Wien, Austria,2012 {Program Book p.287 2012}

4. Sato K, Yoshioka H, Yoshimura A, Kaneko T, Hara Y: Analysis of the pro-inflammatory property of subgingival plaque, First International Conference on Porphyromonas gingivalis and Related Bacterial Species, Nagasaki, Japan 2012{Program Book p. 38}

5. Ukai T: Osteoclastogenic factors regulate atherosclerosis, First International Conference on Porphyromonas gingivalis and Related Bacterial Species, Nagasaki, Japan 2012{Program Book p. 29}

6. Yoshimura A, Sato K, Kaneko T, Li X, Matsumura H, Ogata Y, Hara Y: A single nucleotide polymorphism rs11536889 in 3'-untranslated region of TLR4 contributes to the regulation of Toll-like receptor 4 expression, The 12th Biennial International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting, Tokyo, Japan, 2012{Program and Abstracts p.111}

7. Nakamura H, Yoshimura A, Kaneko T, Latz E, Hara Y: The crystals in dental calculus accelerate IL-1 production through activation of NLRP3 inflammasome in mouse macrophage and human peripheral polymorphonuclear leukocyte, 12th Biennial International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting, Tokyo, Japan, 2012{Program and Abstracts p.160}

8. Kaneko T, Kishimoto T, Ukai T, Yokoyama M, Yoshimaga Y, Sato K, Yoshimura A, Hara T: Peptidoglycan and lipopolysaccharide synergistically enhance bone resorption and osteoclastogenesis, The 98th Annual Meeting American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology, Los Angeles, CA, 2012 {Program Book p.18, 2012}

9. Sato K, Yoshimura A, Kaneko T, Kishimoto T, Matumura H, Li X, Ogata Y, Hara Y : Effects of rs11536889 G/C polymorphism on Toll-like receptor 4 expression, The 98th Annual Meeting of American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology, Los Angeles, CA, 2012 {Program Book p.36, 2012}

10. Ukai T, Yamashita Y, Yokoyama M, Yoshinaga Y, Hara Y: Effect of IFN and RANKL for macrophage foam cell formation. The 98th Annual meeting America Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese society of Periodontology, Los Angeles, CA, 2012 {Program book p.11, 2012}


B:国内の年会,学会
B-b:シンポジウム及び学会での一般講演(ポスターを含む)
1. 長野史子、吉永泰周、金子高士、藏本蔵本明子、中津 晋、髙森雄三、野口恵司、岸本隆明、原 宜興:菌体破砕物による感作とその歯肉溝内滴下は歯周ポケットの形成を誘導する, 第54回春季日本歯周病学会学術大会, 北海道, 5月 {日歯周誌54 (春季特別号), p.118, 2012}

2. 吉永泰周, 中津 晋, 藏本明子, 鵜飼 孝, 金子高士, 市村育久, 押野一志, 矢納義高, 原 宜興:LPSの全身的な感作後のLPS歯肉溝内投与はアタッチメントロスを誘導する, 第136回日本歯科保存学会春季学術大会, 沖縄, 6月{日歯保誌, プログラムおよび講演抄録集, p.107, 2012}

3. 中津 晋, 吉永泰周, 吉永美穂, 白石千秋, 市村育久, 押野一志, 矢納義高, 原 宜興:咬合性外傷は実験的歯周炎におけるアタッチメントロスを促進する, 第136回日本歯科保存学会春季学術大会, 沖縄, 6月{日歯保誌, プログラムおよび講演抄録集, p.108, 2012}

4. 佐藤佳昌,吉村篤利,金子高士,岸本隆明,松村浩禎,小方頼昌,原宜興:Toll-Like Receptor 4発現におけるTLR4遺伝子3'側非翻訳領域の一塩基多型rs11536889の役割 日本歯科保存学会2012年度春季学術大会(第136回)、沖縄、6月{日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集, p.69, 2012}

5. 佐藤佳昌 : TLR4遺伝子多型rs11536889はToll-like receptor 4発現調節に関与する, 先端歯学スクール2012,神奈川,6月

6. 横山美穂, 鵜飼孝, 山下恭徳,吉永泰周,中村弘隆,尾崎幸生,金子高士,吉村篤利,原 宜興:ペプチドグリカンで感作したマウスのT 細胞はLPS存在下で破骨細胞形成を促進する, 第55回秋季日本歯周病学会学術大会, 茨城, 9月 {日歯周誌, 54(秋季特別号)p.89, 2012}

7. 中村弘隆, 吉村篤利. 金子高士, Eicke Latz, 原 宜興:歯石中のリン酸カルシウム結晶はNLRP3インフラマソームを活性化する, 2012年度日本臨床歯周病学会九州支部・日本歯周病学会九州5大学合同研修会, 福岡, 10月{プログラム集, p.13, 2012}

8. 中津 晋, 吉永泰周, 藏本明子, 長野史子, 市村育久, 押野一志, 矢納義高, 原 宜興: 咬合性外傷は実験的歯周炎の開始期におけるアタッチメントロスを誘導する, 2012年度日本臨床歯周病学会九州支部・日本歯周病学会九州5大学合同研修会, 福岡, 10月{プログラム集, p.11, 2012}



平成23(2011)年度





平成22(2010)年度



平成22年(2010) 総説
1. 垂直性骨吸収への自家骨移植
金子高士
DENTAL DIAMOND 35 (13): 94-96, 2010.

原著
1. Green tea catechin inhibits lipopolysaccharide-induced bone resorption in vivo.
Nakamura H, Ukai T, Yoshimura A, Kozuka Y, Yoshioka H, Yoshinaga Y, Abe Y, Hara Y
J Periodontal Res, 45(1): 23-30, 2010

2. NOD1 and NOD2 mediate sensing of periodontal pathogens.
Okugawa T, Kaneko T, Yoshimura A, Silverman N, Hara Y
J Dent Res, 89(2):186-191, 2010

3. Transcriptional Regulation of Bone Sialoprotein Gene by Porphyromonas gingivalis Lipopolysaccharide.
Li X, Kato N, Mezawa M, Li Z, Wang Z, Yang L, Sasaki Y, Kaneko T, Takai H, Yoshimura A, Ogata Y
Journal of Cellular Biochemistry.110: 823-833, 2010.

4. Recombinant Porphyomonas gingivalis FimA preproprotein expressed in Escherichia coli is a lipoprotein and recombinant FimA processed protein is auto-polymerized in vitro.
Shoji M, Yoshimura A, Yoshioka H, Takade A, Takuma Y, Yukitake H, Naito M, Hara Y, Yoshida S, Nakayama K
Canadian Journal of Microbiology, 56(11): 959-967, 2010.

5. Pathogen Mediated Inflammatory Atherosclerosis is Mediated in Part via TLR2 Induced Inflammatory Responses.
Hayashi C, Madrigal AG, Liu X, Ukai T, Goswami S, Gudino CV, Gibson FCIII, Genco CA
J Innate Immun 2(4): 334-343, 2010


学会発表
1. Epigallocatechin-3-gallate inhibits osteoclastogenesis from mouse bone marrow macrophages.
Ukai T, Yokoyama M, Kishimoto T, Ayon Haro ER, Yoshinaga Y, Hara Y
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Spain, 2010
(Program Book p221, 2010)

2. Cyclosporin A and phenytoin modulate inflammatory responses in gingival fibroblasts.
Yoshimura A, Suzuki AMM, Ozaki Y, Sato K, Kaneko T, Hara Y
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Spain, 2010
(Program Book p. 222, 2010)

3. NOD1 and NOD2 Mediate Sensing of Periodontal Pathogens.
Kaneko T, Okugawa T, Yoshimura A, Sato K, Hara Y:
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Spain, 2010
(Program Book p. 186, 2010)

4. Immune complex formed in rat gingival sulcus induces attachment loss.
Kuramoto A, Yoshinaga Y, Ukai T, Kaneko T, Shiraishi C, Yokoyama M, Sato T, Nagano F, Takamori Y, Hara Y
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Spain, 2010
(Program Book p130, 2010)

5. A gingipain-sensitive surface ligand of Porphyromonas gingivalis that induces TLR2- and TLR4-independent NF-κB activation in CHO cells.
Yoshimura A, Haruyama K, Naito M, Kishimoto M, Shoji M, Abiko Y, Hara Y, Nakayama K
The 14th International Congress of Immunology, Kobe, 2010
(International Immunology 22 supplement 1, iii, p. 97, 2010)

6. Locally Administered Interferon-gamma Accelerates RANKL-induced Osteoclastogenesis in the Presence of Lipopolysaccharide.
Ayon Haro ER, Ukai T, Yokoyama M, Kishimoto T, Yoshinaga Y, Hara Y
The 96th Annual Meeting of the American Academy of Periodontology, Honolulu, Hawaii, 2010

7. CD40L accelerates osteoclastogenesis induced by RANKL and LPS.
Yokoyama M, Ukai T, Kishimoto T, Ayon Haro ER, Kuramoto A, Yoshinaga Y, Takamori Y, Hara Y
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Spain, 2010
(Program Book p239, 2010)

8. An Experimental Model of Periodontitis in LPS-Immunized Rat.
Yoshinaga Y, Kuramoto A, Kaneko T, Ukai T, Shiraishi C, Yoshinaga M, Sato T, Nagano F, Hara Y
88th General Session & Exhibition of the IADR, Barcelona, Spain, 2010
(Program Book p239, 2010)

9. ラット歯肉溝へのLPS および抗LPS IgG の交互滴下によりアタッチメントロスが誘導される.
藏本明子,金子高士,吉永泰周,鵜飼 孝,白石千秋,岸本真実,横山美穂,岸本隆明,市村育久,押野一志,原 宜興
第53回春季日本歯周病学会学術大会、盛岡, 5月 2010
(日歯周誌, 53(春季特別号), p.71, 2010)

10. クレンチングを伴う強い臼歯部垂直性骨吸収に咬合調整と自家骨移植を行った症例.
金子高士, 原 宜興
第53回春季日本歯周病学会学術大会、盛岡, 5月 2010
(日歯周誌, 53(春季特別号), p.143, 2010)

11. 重度歯肉退縮を伴う慢性歯周炎に根面被覆を行った症例.
吉永泰周, 金子高士, 原 宜興
第53回春季日本歯周病学会学術大会、盛岡, 5月 2010
(日歯周誌, 53(春季特別号), p.164, 2010)

12. LPS注入マウス脾細胞によるfoam cell形成の促進.
鵜飼 孝, 岸本隆明, 横山美穂, 原 宜興
第53回秋季日本歯周病学会学術大会, 高松, 9月 2010
(日歯周誌, 53(秋季特別号), p.82, 2010)

13. 一般生活者における歯周病リスクに関する検討.
市村 育久, 押野 一志, 矢納 義高, 鵜飼 孝, 吉永 泰周, 白石 千秋, 吉永 美穂, 原 宜興
第53回日本歯周病学会春季学術大会, 盛岡, 5月 2010
(日歯周誌, 52(春季特別号), p.122, 2010)

14. ゲルカプセル配合歯磨剤による歯肉炎改善効果.
市村 育久, 押野 一志, 矢納 義高, 鵜飼 孝, 吉永 泰周, 白石 千秋, 吉永 美穂, 原 宜興
第53回日本歯周病学会秋季学術大会, 高松, 9月 2010
(日歯周誌, 52(秋季特別号), p.87, 2010)

15. 幹細胞シートの作製に関する研究.
中村 康平, 安部 達也, 原 宜興
第53回秋季日本歯周病学会学術大会, 高松, 9月 2010
(日歯周誌, 53(秋季特別号), p.94, 2010)

16. LPS存在下でCD40Lはin vivoにおける破骨細胞形成を促進する.
横山美穂, 鵜飼 孝、アヨンアロエスペランザラケル、岸本 隆明、藏本 明子、白石 千秋、小野山 美穂、原 宜興
第53回秋季日本歯周病学会学術大会, 高松, 9月 2010
(日歯周誌, 53(秋季特別号), p.23, 2010)

17. IL-27 受容体WSX-1ノックアウトマウスの歯周炎モデルにおける骨破壊の解析.
久木田明子、市木佑佳、松原麗、鵜飼 孝、中山浩次、久木田敏夫,
第52回歯科基礎医学会学術大会, 東京,9月 2010

18. ペプチドグリカンの骨吸収揺動能に関する実験病理組織学的研究.
岸本隆明, 金子高士, 鵜飼 孝, 吉永泰周, 横山美穂, 吉村篤利, 原 宜興
平成22年日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡, 11月 2010
(プログラム集p.22, 2010)

19. 幹細胞シートの作製.
中村 康平, 安部 達也, 原 宜興
平成22年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会, 福岡, 11月 2010
(プログラム集p.22, 2010)


講演
1. 歯槽骨吸収とアテローム性動脈硬化の関連
鵜飼 孝
第7回長崎歯周病学講演会 2010年2月6日 長崎大学歯学部第二講義室

2. 糖尿病と歯周病の関係
吉村篤利
島原南高三師会合同学術研修会、平成22年2月17日

3. 知識を深めよう歯周外科
鵜飼 孝
西望歯学会講演会 平成22年3月29日


Page Top